よのなか研究所開設のご挨拶

Y01A021こんにちは!

私は弁護士の青島克行(うみとそら法律事務所)と申します。(→プロフィールの詳細
昭和50年9月17日生まれ乙女座の38歳で、
静岡県立静岡市(現:葵区)出身の、
平成7年4月3日上京以来東京暮らしもそろそろ20年目にさしかかろうかというところでございます。
現在は妻と子(幼稚園)と3人ぐらしをしています。

仕事は弁護士をしています。
平成16年10月に弁護士登録して以来約8年半勤務した東京千代田区大手町の法律事務所を平成25年2月に退所いたしまして、平成25年3月からは東京新宿区新宿1丁目で、「うみとそら法律事務所」というかわいい名前(←自分で言う)の法律事務所を運営しております。

現在弁護士歴10年目でますます盛んに頑張ってるといいたいところですが、
それはそれといたしまして、脳天気そうにみえるらしい(←青島君はいつも何も考えてなくて幸せだね(友人談。ん?友人か?))私も人の子、
いろいろ悩みながら生きております(←自分で言わないと誰もわかってくれないの(涙))。

さてここからが本題です。
毎日、幸せについて考えております。
そんなことをいえるのは暇だから、満ち足りた日常を送っているから、幸せに気づいていないから、等々いろんなツッコミがはいるかもしれません。
はいらないかもしれません。
そもそも考えること自体無駄かもしれません。

だがしかし。

毎日つらいつらいといって生きていると、
視野が狭くなっていくばかりで、
かえって自分で自分を不幸にしているような気がしています。
自分のことばかり考えていて、はっと気づくと不満ばかりを抱えている。
そんな自分に気付くと、私も自己嫌悪におそわれます。
そして思うのです。
幸せを見失った状態のことを不幸というのではないだろうか。

ま、そうとも言い切れないのですがそれはさておき。

私は、幸せが何であるかを知らずして、幸せに生きていくことはできないように思うのです。
失ってはじめてわかる。あれが幸せだったのだと。。
それではせつないと思うのです。

そうならないためには、
幸せの正体を突き止めておく必要がある。
そう思いませんか。

そこでです、皆様。

幸せって一体なんなのでしょうか。
どのような状態のことを幸せというのでしょうか。
幸せの定義とは?

私達はどうすれば幸せになれるのでしょうか。
幸せの条件とは?

そもそも幸せっていいことなのでしょうか。
幸せであることの効果は?効能は?
幸せの副作用は?

このように考えだすときりがないのですが(←だから暇だからそんなことを。。)、
ここらで一度(というか一生)、幸せについて改めて考え(続け)てみませんか。
見失いがちな、この、幸せというものの正体について。

そういうわけでですね、
このサイトでは、
人は世の中の「仕組み」中に生きているという仮説のもと(←唐突ですが、とりあえず気にしないでください)、
我々は、あの人は、自分は、どのような「仕組み」の中に生きているのか、
その解明を通じて、人の「幸せ」とはなんだろうかという核心に迫っていくつもりでございます。
この文章を書いているのは、平成26年5月31日(土)のちょうどお昼ごろです。
後日ちょいちょい文章を修正するかもしれませんが、細かいことは気にしないでください。

繰り返します。
このサイトでは人の心や感情、世の中の仕組みを分析して、悲しみを喜びに、泣き顔を笑顔に変えて、人生を楽しく豊かにすごすためのなにか(ってなに?ってだからそれを一緒に考えていきたいんですってば!)を発信していきたいと考えております。

私は哲学者ではありませんので、抽象的な幸せ論を語ることはできません(難しくて。。)。
この世の中の仕組みを分析することを通じて、という部分が肝でございます。
ここに一応弁護士的なものの見方をお示しできればな、と思っているわけでございます。

なんだか暑苦しくてすみません。

今日がサイト開設宣言ということでお願いします。
最低30年続けるぞ!(私が生きていれば)
オー!

Y01A026

感想も随時受付中です。
私は皆様といつもつながっていたいと考えております。
ではでは。

※2014年12月24日追記
本サイトは当初、平成26年5月31日、弁護士青島克行の「よのなか研究所」という名称で開始いたしました。
しかしながら、閲覧者数がほとんどいない(見てくださっているあなた様は、貴重な存在でございます)状況で、
閲覧者数を増やすためにはさてどうしたものかと考えているなかで、サイトの名称に(も)問題があることに思い至りました。

弁護士青島克行の「よのなか研究所」??

弁護士青島克行って誰だ?
よのなか研究所ってなんだ?

なにそれ?

しらん。
クリッ(←別のサイトに飛んでいった音)

無名の私が自己満足のサイト名をつけて、人様に??(クエスチョンマーク)を与えていては(まあ、与える以前に存在が知られていないのですが)、
閲覧者数が増えるわけがないではないかとようやく思い至ったわけであります。

もっというと、私を知ってくださっている方ですら、おそらく

ん?
弁護士青島克行の「よのなか研究所」?
なにこれ?
よくわからないけど、青島くんもいろいろがんばってるね。
何考えてんだか。。

クリッ(←さっき言ったやつ)

とまあ、こんな感じだったのではないかと思われます。

過日、父親に「手~広げすぎじゃないのか」と言われた意味の一部が時間差で理解できたという恥ずかしさも感じつつ。

とうわけで、「よのなか研究所」というサイト名は一旦やめにいたしまして、
本日より、弁護士青島克行のニュース解説
というサイト名に仕切り直しをいたします。

閲覧者数が増えた暁には、またサイト名を戻したいと思いつつ。
皆さま、素敵なクリスマスイブを。
Y01D014

※2014年12月30日追記
このウェブサイトのサイト名を6日前、変更いたしました。
弁護士青島克行の「よのなか研究所」改め、弁護士青島克行の「ニュース解説」に。
でも毎日しっくりこないのです。
ゆうほどニュース解説してないじゃんって。。
ゆうほどニュース解説してないじゃんって。。
毎日寝ても覚めても夜道を歩いていても電車にのっていても。
ゆうほどニュース解説してないじゃんって。。
ゆうほどニュース解説してないじゃんって。。
頭のなかにぐるぐると上の言葉がうずまいてしまうのです。
昨日地下鉄線内に傘をおき忘れました。
上等な傘だったのに。
あ、新宿御苑前駅についた!ということで
ばっと元気よく電車をおりて、改札をぬけて、地下鉄の階段を登りきろうとしたその瞬間、
あ、雨降ってるじゃん、そうじゃん傘電車においてきたじゃんって。
この傘の置き忘れは、
ゆうほどニュース解説してないじゃんって。。
この言葉がぐるぐる頭のなかを支配していたのが原因なのですね。
なので、やはりサイト名を戻します。
弁護士青島克行の「ニュース解説」改め、弁護士青島克行の「よのなか研究所」に。
と、しようと思ったのですが、やはり「よのなか研究所」では何のことだかわからないよそれじゃ問題を解決しておりませんので、
折衷的に次のサイト名でしばらくいくことにいたします。
弁護士青島克行の「公式ウェブサイト」
まあ青島さんという弁護士さんがブログ的になんかやってるんでしょ?
という雰囲気はでているのではないかと(「よのなか研究所」よりは意味不明感が弱まるのではないかと)。
長々スミマセン。
引き続きよろしくお願いいたします。

弁護士って何だ

  1. 弁護士は何をしている人なのか 何かのトラブルが起きたときに、相談者からの依頼を受けて、代理人として…
  2. いい弁護士、わるい弁護士 私なりに日々思うことがありまして。 適宜、補充していきます。 いい弁…
  3. 青島弁護士 語録・名言集 著名人(偉人、スポーツ選手、芸能人等々)の語録・名言集ってありますよね。…
  4. 弁護士|こんな弁護士は嫌だ! むかし天才たけしの元気がでるテレビでこんな◯◯は嫌だ!といって、ビー…
  5. 弁護士もわかっているのか 何が正しくて、何が正しくないのか。 正直なところ、私にはわからないこと…

メディア掲載等

  1. 2015-7-14

    歌舞伎町ぼったくり|TBSラジオ「渋谷和宏・ヒント」に出演しました。

    最近、更新がさぼりぎみでスミマセン。 7/13(月)TBSラジオ「渋谷和宏・ヒント」という番組に出…
  2. 2015-2-24

    日刊スポーツにコメントが掲載されました。

    2015年2月23日(月)の日刊スポーツに私のコメントが掲載されました。 歌舞伎町ぼったくり被害|…
  3. 2014-12-9

    NHKニュースウェブにコメントさせていただきました。

    2014年11月28日(金)夜11:30~放映のNHKニュースウェブにコメントさせていただきました。…
  4. 2014-12-9

    週刊アサヒ芸能にコメントが掲載されました。

    2014年末忘年会特集ということで、ぼったくり被害と予防についてコメントさせていただきました。 1…
ページ上部へ戻る