彼にお金を貸したんですけど。。

私の事務所にかかってくるよくある電話のひとつです。

若い女性の声 「ちょっと聞きたいんですけど-」(←のっけからやや無礼)
青島 「はい、どうぞ」
女「お金返してもらいたいんですけど、ばっくれてて電話もでないんですけど、これって返してもらえますよね」
青「お金をあげたのではないのですよね?」
女「だから貸したんですけど、ほんっとふざけてる」
青「お金をあげたのではなくて、貸したのであればもちろん返してもらう権利はありますよね。ただ、現実に返ってくるかどうかは、身も蓋もない話、相手の人格にもよりますよね。借用書とかはあります?」
女「借用書ってなんですか。お金貸したんですけど」
青「お金は現金を渡したんですか」
女「そう」
青「いくら?」
女「もうわかんないぐらい渡してる」
青「細かくメモしてないのね?大体でいくらぐらい渡してる?」
女「えー、もういくらだろう。ほんと分からない」
青「いや、だいたいでいいので。何年何月何日ごろ、いくらを、誰それに貸した、こういう形で言い分を整理しないとだめなんです」
女「でも200万円ぐらいはいってる」
青「彼は何してる人?」
女「てかホスト」
青「どこで知り合ったの?」
女「私がお店に行って~」
・・
・・
あとは大体想像がつくと思うので、省略してしまいますが、
ほんとにこんな感じの電話ってたまにかかってきます。

新宿1丁目という場所柄か、とにかく若い(10代後半~22,3歳ぐらいまででしょうか)女性で、おそらく歌舞伎町など繁華街で働いているような方が、ホストやスカウトの男性にお金を貸したけども返ってこないんですけど(怒)という電話ですね。

このようなご相談に対し、わたしに何ができるのか?

まさか話をきいておわりということはないですよね?
すみません。。それ、あり得る話です。

弁護士といえど、証拠(ここでは女性が男性にお金を貸したことを第三者に証明するための資料)がひとつも存在しないというようなケースでは、何の力にもなれないということはままあるのです。

金銭の貸し借りのご相談であれば、
お金を貸した証拠としては次のようなものがあるかどうかを、確認していくことになります。
①彼からの一筆、つまり借用書。
これがあればベストです。文面と署名押印によって、この女性が、いつ、この男性に、いくら貸しつけたものかがすべて証明できるからです。もちろん契約書でもOKです。
ただ、借用書や契約書をぬかりなく準備する若い女性などほぼ皆無ですね。
②通帳(銀行の取引履歴)の記録
この女性が男性宛にお金を振り込んでいれば、その通帳(取引履歴)は、お金を貸したことの動かぬ証拠となります。もちろん、借りたのではなくもらった、借りたのではなく代金として受け取ったなどの反論もあり得ますが、それは最終的には裁判で決めることになります。
お金を振り込んでいれば、このように通帳(取引履歴)が動かぬ証拠となるのですが、振込ではなく、現金を一旦おろしたうえで、その現金を手渡しで交付してしまったという場合は、少し困ります。
お金をおろした事実は証明できているのですが、それを彼宛に渡したという証拠がないことになってしまうのです。お金をおろした日付と、現金を交付した日付が同じ日ですとか、近接しているという事情があれば、彼に渡したとの事実を推認しやすいとはいえますが、直接彼に渡ったことを示す証拠がないことには変わりないので、やはり証拠力(証明力)としては落ちます。
③現金を渡した場面に立ち会った人間の供述
これも証拠になりますね。裁判になった場合、彼の言い分とこの立ちあった者の言い分とのどちらが信用されるかの判断となります。

今あげたような証拠がひとつでもあるようであれば、裁判で勝訴できる可能性がありますし、
勝訴できれば、すぐには無理でも、いずれ彼がまともに就職をした後などの給与を差し押さえるなどして、
強制的な回収を実現できる可能性がありますので、
弁護士が介入して、直ちに返済してくださいと内容証明郵便を送付して、応じなければ本当に訴訟に踏み切るということは十分あり得ます(貸した金額がある程度の金額であれば)。
電話を下さった女性にも、そのように回答して、必要であれば、その手段をとっていくこととなります。

ただし、上記のような証拠が全くない、という場合(御本人が貸したといっているだけ)ですと、弁護士といえども、本人の言い分のみを頼りに、内容証明郵便を送付するということは、まずやりません。
やってはいけないということはありませんが、かなりためらわれるのです(訴訟になって敗訴する可能性がそれなりに高いケースと判断しているときは、紛争相手に対して、強硬な姿勢で、強気な主張をすることは、職業倫理上も問題が生じます。)。
そのため、来所相談に至るまでもなく、これは難しいかもしれないです、などといって、電話限りの会話でご相談を終了したりします。
このような場合は、電話の終わり際、電話の向こうのお嬢さんが、かなりご不満な様子であることだけは十分に伝わってきますので(この弁護士つかえない、という心の声が聞こえてくるぐらい)、力になれない申し訳なさ半分、徒労感半分で、双方なんだかなあといったところです。

お金を貸す場合は、自分から相手にお金が移動したことの証拠をとっておくことが不可欠です。
借用書(一筆)とっておくのが一番ですが、それができないのであれば、現金を直接渡してはいけません。
それでも貸すのであれば、自分の口座から相手の口座に振り込む方法にしましょう。
そうしておけば、お金の移動が端的に記録に残りますのでね。
でも若い子たちは、振込なんてしないんだろうなぁ。。。
だからこんな電話がかかってくるんだろうなぁ。。。

皆さんは一応知っておいてください。

【読者募集中です】↓↓
私からあなたを励ますメッセージが毎日届きます。

 弁護士青島克行の365日メルマガ メルマガ登録/解除
選択してください:
メールアドレス:
名前:
Powered By VPS-NEO

(解除はいつでも可能です)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青島 克行

青島 克行弁護士・保育士・宅地建物取引主任者

投稿者プロフィール

こんにちは。
私は皆さまとつながりたくて、このサイトを運営しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

弁護士って何だ

  1. 弁護士は何をしている人なのか 何かのトラブルが起きたときに、相談者からの依頼を受けて、代理人として…
  2. いい弁護士、わるい弁護士 私なりに日々思うことがありまして。 適宜、補充していきます。 いい弁…
  3. 青島弁護士 語録・名言集 著名人(偉人、スポーツ選手、芸能人等々)の語録・名言集ってありますよね。…
  4. 弁護士|こんな弁護士は嫌だ! むかし天才たけしの元気がでるテレビでこんな◯◯は嫌だ!といって、ビー…
  5. 弁護士もわかっているのか 何が正しくて、何が正しくないのか。 正直なところ、私にはわからないこと…

メディア掲載等

  1. 2015-7-14

    歌舞伎町ぼったくり|TBSラジオ「渋谷和宏・ヒント」に出演しました。

    最近、更新がさぼりぎみでスミマセン。 7/13(月)TBSラジオ「渋谷和宏・ヒント」という番組に出…
  2. 2015-2-24

    日刊スポーツにコメントが掲載されました。

    2015年2月23日(月)の日刊スポーツに私のコメントが掲載されました。 歌舞伎町ぼったくり被害|…
  3. 2014-12-9

    NHKニュースウェブにコメントさせていただきました。

    2014年11月28日(金)夜11:30~放映のNHKニュースウェブにコメントさせていただきました。…
  4. 2014-12-9

    週刊アサヒ芸能にコメントが掲載されました。

    2014年末忘年会特集ということで、ぼったくり被害と予防についてコメントさせていただきました。 1…
ページ上部へ戻る