弁護士と交渉|相手に弁護士がついているときとついていないときとで違いはあるのか?

弁護士とは|いつ頼むかべきか?

交渉相手に弁護士がついていない。
そんなことも珍しくありません。
とくに男女問題や離婚問題ですと、そういうことも多い。
逆に、相手が弁護士をつけたのでどうしたらいいかわからないということで、相談にお見えになる方も珍しくありません。
弁護士をつけるべきか、つけるべきでないか、なかなか判断が難しい問題です。

ビジネスライクな交渉であれば、弁護士をつけずともサクサク進むこともあるかもしれませんが、こじれるぐらいならさっさと弁護士に依頼して交渉をしてもらったほうがよかったということもあります。
男女の問題であれば、身内の問題だし、弁護士なんかつけないで膝を突き合わせて話をしていけばいいじゃないかという考えられる方も多いでしょうが、顔も見たくもないというレベルで感情的対立が進むことも多く、だったら弁護士に委ねたほうが負担も時間もかからないということもあります。

なにかトラブルがあっても、そもそも弁護士利用すること自体を思いつかない人も多く、利用してみようかなと思っても、まわりに経験者がいないと弁護士を利用するメリットが想像しづらく、費用もかかるだろうし、かえって大げさにするのもよくなかろうと、結局、弁護士を利用しない、という方が多いのかなと思っております。そんなわけで、弁護士の使いどきというものは、なかなかに難しい。

相手方が弁護士をつけていない方がラク?

では弁護士として、相手方に弁護士がいるのといないのとでどちらが望ましいといえるのでしょうか。
ケースバイケースではあるのですが、私は、どちらかというと相手に弁護士がついている方がラクですね。
一見、法的知識、交渉事について通じていない素人を相手にするほうが、弁護士と交渉するよりもずっと楽、ずっと有利に話をすすめられると思われるかもしれません。
しかしですね、やはり弁護士がつくとですね、よくも悪くも話を前に進めていこうという推進力が強力に発生するものでして、途中の意見の対立があったとしても、最終的にはどのように決着をつけようかと、とにかくゴールに向けた話し合いを進めていくという一点で協調できれば、やはり弁護士は仕事として対応しますので、双方の依頼者にとっても早く区切りがつけられて、結果的には関係者全員(双方の当事者、双方の代理人)の時間と労力を節約できる可能性が高いものです。
もちろん、弁護士のキャラクターや能力によっては(私も人のことは言えませんが)、かえって話が混乱する、かえって面倒なやりとりが増えるなどして、この代理人(弁護士)さえいなければ、もっと話がすすむのではないかと思わないこともないのですが、やはりこのような弁護士は多数派ではありません。結局、双方の利害の対立があるのは当たり前ですので、その折り合いの付け方は双方の弁護士の腕の見せどころということで、そこはプロ同士緊張感をもって交渉をするということになります。
ところが、相手方に弁護士がついていない場合ですね、よくも悪くも話を前に進める義理はないということで、全くこちらの言い分を聞いてくれない、こちらが100の譲歩を示さないことには、次の話に進ませない、という方がおられます。要は、感情的になっているということです。
このような場合、弁護士として、こちらの依頼者の言い分をドストレートに伝えすぎてしまうと、ただでさえ感情的になっている相手が、さらに感情的になるという、まさに終わりの見えない流れにすすんでしまいます。かといって、無用な譲歩をするわけにはいきませんので、本音では、相手方も弁護士をつけてくれないかなと思いつつ(実際にそのようにお願いしてみることもあります。)、相手の言い分を丁寧に聞いたり(受け入れるのではなくて、受け止めるとでもいいますか。)、結局、将来の可能性としてどのような選択肢が考えられるものか、一緒に議論してみたり、とにかく、道筋をつけていくような流れにもっていこうと努力することになります。
これはなかなかに気を使う作業となりますので、相手に弁護士がついていてくれたほうがラクというのはこういう意味においてです。

相手方に弁護士がついているとき|弁護士の人柄、能力を見極めよう

時折、自分の相手方に弁護士がついて、その弁護士から連絡がきた、今後どうしていけばよいか?というご相談を受けることがあります。
聞いてみると、どうも相手方についている弁護士が、こちらの当事者に対して(弁護士だから?)高圧的といいますか(弁護士なのに)理屈に合わないような主張を繰り返していると。要は、相手方の弁護士がこちらを素人だと思って、軽く見ているようにしか思えない、弁護士相手にさすがにそんなこと言わないでしょう、さすがにそんな言い方できないでしょう、というような態度にでているようなことがあるのですね。
このようなご相談をうけたときは、私は次のようにアドバイスしています。
・相手弁護士の主張する話に納得できないのであれば、相手の主張の根拠を必ず質問してください。
・相手弁護士がその質問に対して、こちらが納得できる根拠、理由を説明できるかどうか。そこを見極めて下さい。
・誠意ある説明をしない、説明をきいたがやはり納得できる理由の説明がない、相手の主張をしているだけだ、ということであれば、なにひとつ譲歩する必要はありません。
・もし相手弁護士の説明に納得できるものがあるのであれば、こちらも誠意をもって、前向きな解決策(どこを譲歩していくのか)を提案したり、提案させたりして、話を進めていってください。

このアドバイスに素直に従うと(とくに理屈っぽい方もとい論理的思考力のある方は)、かなりの数の疑問、質問を相手方弁護士に投げかけることになります。
相手方弁護士としては、対立当事者ご本人からの疑問、質問ですので、答えないわけにはいかない。
かといって、なんでもかんでも正直に回答しすぎるわけにはいかない。それをやると、自分たちの言い分に根拠がなかったり、根拠が弱いことを認めることになってしまうのです。バカ正直な回答は交渉上必ずしも正解ではないのですね。そんなわけで、相手方弁護士としては、その匙加減がむずかしく、弁護士としての力量が問われることとなりますが、意外と、隙だらけの適当な回答をよこす弁護士が多い(とくに男女問題、離婚問題の場合。あくまで私の印象ですが)。
おそらくこれは、こちらの当事者のことを、所詮素人だと舐めているのだと思いますが、これじゃあ、解決できる話も解決できなくなるし、あとでこちらの当事者が正式に弁護士をつけてきた場合に、恥ずかしくならないのかなぁ、裁判の証拠に使われたらどうするのかなぁなどと、余計なお世話ですが、少しだけ心配になります。

弁護士がついていようが、ついてなかろうが、とにかく根拠(ツボ)をおさえた交渉を!

そんなわけで、相手方に弁護士がついているのと、ついていないのとでは、どちらかというとついていてくれた方が弁護士としての私(青島)はラクですが、当事者の方としたら、相手方に弁護士がついているからといって、自分もあわてて弁護士をつける必要はありません。堂々と自分の主張、疑問、質問を相手方の弁護士に伝えて、その弁護士がどのような対応をしてくるものかというのを、じっくり、焦らず、見極めながら進めていけば、言い負かされて不本意な決着となってしまうことは避けられるでしょう。とにかく、結論に至る根拠、理由があるものか、ひとつづつ確認しながらすすめていくのが大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青島 克行

青島 克行弁護士・保育士・宅地建物取引主任者

投稿者プロフィール

こんにちは。
私は皆さまとつながりたくて、このサイトを運営しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 山田花子
    • 2017年 3月 21日

    アドバイスをお願いします。子供が相手の子供にバッドで口を怪我させられ、相手の親に矯正が必要なため矯正歯科に行くことを伝え、矯正の費用の書類と診断書を用意して伝えたところ、お金を用意するのに時間が欲しいと1ヶ月待たされました。その間に弁護士2〜3人に相談したらしく、1ヶ月後に出た答えは90万以上用意はしたが30万しか払いません。相手の家庭の事情があると私は黙って待っていました。挙句、奥さんが財布を握ってるとか言って、たまたま奥さんにお会いしたときに話をしたら全部嘘でした。ご主人がお金の管理をしていた。私は何も誠意を示されずに待たされたのが信用できずに、とりあえず用意してることを示して欲しくて30万を振り込んでもらいました。せめて、半分を用意してもらい残りは自分で負担しようと思って話をしてたのに、言ってることが全部嘘ってわかったので、奥さんが残りの分を分割で払うと言ったので2万を翌日に振り込んでもらいました。ご主人が弁護士に依頼して、30万で示談したことになってるという文面を送ってもらいましたが、事故当日の日付も金額も言ってる内容も違っています。30万は確かに振り込んでもらいました。バッドもうちの子が持ってきた物とか、うちの子が突っ込んで来たから過失があるとか、事実でないことを記載してたり、相手の弁護士も上から偉そうに言われたのが納得いきません。お金の金額ではなく、人間としてのモラルの問題が許せない。でも、相手が弁護士でまともに話ができません。弁護士の立会いのもと、相手と話をさせて欲しいと言ったのですが、それもしてもらえません。弁護士の前だと嘘もつかないと思ったのでお会いして、真実を話して謝って欲しかっただけです。口の傷は縫ったので、一生消えません。被害を受けた子供は痛い思いをしたのに、過失があると言われ、腹立だしい気持ちでいっぱいです。どうにか、相手の嘘を認めさせる方法はないでしょうか?お願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

弁護士って何だ

  1. 弁護士は何をしている人なのか 何かのトラブルが起きたときに、相談者からの依頼を受けて、代理人として…
  2. いい弁護士、わるい弁護士 私なりに日々思うことがありまして。 適宜、補充していきます。 いい弁…
  3. 青島弁護士 語録・名言集 著名人(偉人、スポーツ選手、芸能人等々)の語録・名言集ってありますよね。…
  4. 弁護士|こんな弁護士は嫌だ! むかし天才たけしの元気がでるテレビでこんな◯◯は嫌だ!といって、ビー…
  5. 弁護士もわかっているのか 何が正しくて、何が正しくないのか。 正直なところ、私にはわからないこと…

メディア掲載等

  1. 2015-7-14

    歌舞伎町ぼったくり|TBSラジオ「渋谷和宏・ヒント」に出演しました。

    最近、更新がさぼりぎみでスミマセン。 7/13(月)TBSラジオ「渋谷和宏・ヒント」という番組に出…
  2. 2015-2-24

    日刊スポーツにコメントが掲載されました。

    2015年2月23日(月)の日刊スポーツに私のコメントが掲載されました。 歌舞伎町ぼったくり被害|…
  3. 2014-12-9

    NHKニュースウェブにコメントさせていただきました。

    2014年11月28日(金)夜11:30~放映のNHKニュースウェブにコメントさせていただきました。…
  4. 2014-12-9

    週刊アサヒ芸能にコメントが掲載されました。

    2014年末忘年会特集ということで、ぼったくり被害と予防についてコメントさせていただきました。 1…
ページ上部へ戻る